アルバイト

 本学では、経済上の理由でやむを得ずアルバイトを必要としている学生に対して、紹介を行っています。
 アルバイトは、学費の不足を補う手段として、又は人格形成や職業選択のための自己の適性を知る良い機会となりますが、その反面、学業不振、生活の乱れ、事故などの弊害を伴うこともあります。
 アルバイトを行う場合には、自分の能力、学業への影響、業種等を充分に考慮し、必要最小限に留めるようにしましょう。
 特に1年生は、学生生活に慣れるまではできるだけ控えてください。
 なお、学生のアルバイト先としてふさわしくない下記の職種については、就労しないでください。

  1. 大学生のアルバイトとして教育上ふさわしくないもの(風俗営業、訪問販売など)
    ※性行不良で学生の品位を汚し、その改善の見込みがない場合は、懲戒処分となる。(懲戒処分とは、退学、停学及び訓告の処分)
  2. 翌日の授業に支障がある深夜から早朝にかかるもの。
  3. 従事する仕事に危険を伴うもの。(自動車等の運転、警備員など)
  4. その他勉学に支障のあるもの。

【アルバイトの注意】

  1. 大学では、求人企業などを事前に調査しているわけではありませんので、慎重に判断してアルバイト先を選択し、自らの責任において行うこと。
  2. 就労に当たっては、本学の学生として責任ある態度で臨み、無断で辞めたり、欠勤、遅刻のないように注意すること。
  3. 就労に関してトラブルが生じた場合には、早めに教務厚生委員又は事務室に相談すること。

 短期大学事務室では、求人があり次第、掲示板に1週間程度掲示します。
 希望者は、短期大学事務室窓口で連絡先を確認し、直接依頼者と交渉してください。

アルバイトの求人を行う企業等の方はアルバイト募集用紙(PDF)に記入の上、FAX等により申込してください。

問い合わせ先 短期大学事務室
 電話: 0242(37)2301
 FAX: 0242(37)2412