産業情報学科の教育方針

■産業情報学科のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

  1. 授業を理解し、積極的に学び、卒業研究を完成させる基礎学力と意欲がある人
  2. 情報化社会に適応できる柔軟性とチャレンジ精神がある人
  3. 経営情報コースでは、経営学、商学、会計学、経済学、情報学に関する諸問題に関心を示し、学ぶ意欲がある人
  4. デザイン情報コースでは、デザイン及び情報を学び、デザイナーを目指す意欲がある人


■産業情報学科のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)
 産業情報学科の教育課程は教養基礎科目、専門教育科目、自由科目をもって編成する。また、専門教育科目は分野ごと十分な科目を効率的に学習できるように配置する。

■産業情報学科のディプロマ・ポリシー(学位授与方針)
 会津大学短期大学部では所定の期間在学し、かつ本学の教育目標ならびに各学科で定める教育研究上の目的に基づいて設定された授業科目を履修し、所定単位数を修め、以下の知識、能力を修め、卒業認定された学生に対し学位(短期大学士(産業情報)、短期大学士(食物栄養)、短期大学士(幼児教育))を授与する。


<産業情報学科>

  1. 経営情報コースでは、

    ①経営学、商学、会計学、経済学、情報学の各分野を中心に、企業や地域社会に関する体系的・実践的な専門知識
    ②情報収集・分析・活用に関する能力や創造的展開・企画・伝達に関する能力
    ③地域産業の活性化やまちづくりに貢献できる能力

  2. デザイン情報コースでは、

    ①インターフェイス、インテリア、クラフト、グラフィック、プロダクトの各専門分野におけるデザイン及び情報の基礎知識
    ②情報化時代におけるデザイン活動と歴史・文化・環境などに配慮した、モノ・事のデザインができる能力

(食物栄養学科・幼児教育学科については省略)