デザイン情報コース

デザイン情報コースの特色 【デザイン5分野】

 デザイン情報コースでは、デザインの領域を5分野に分け、より深く専門領域を学んでいます。

 専門教育科目の必修科目であるデザインプロセス論、デザインプロセス論演習、デザインアイテム論及びデザイン実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲでは、デザインの領域を5分野に分けて授業を行い、より深く専門領域を学びます。学生は必ずいずれかの分野に所属しますが、所属分野は入学後まもなく行われる希望調査(人数調整有)を経て決定されます。

  • インターフェース
     Webデザインを中心に講義・実習を進めていきます。Webページで見られる画像や音声、そして動画などを扱い、デジタルコンテンツを製作するための基本的な技術を学び、デザインに応用していくことを目指します。実習やゼミ活動としては、地域のイベントなどのプロジェクトに参加し、体験して感じ取ることの中から、発信すべき情報について企画や構成を考え、Webサイトで表現します。

  • インテリア
     戸立て住宅や集合住宅の室内空間、喫茶店などの商業空間、公共建築物の室内空間など、建築物を対象とした空間デザインの考え方・手法を学ぶとともに、人間にとっての居住空間のあり方や居住環境をいかに整えるかを考えます。ゼミでは、家具デザインからインテリア・建築デザイン、都市・地域デザインなどを範疇として、問題点の発見から解決までを自ら考えます。これらを通して、居住環境を創造できる人材を目指しています。
  • グラフィック
     公告・出版・印刷に関連する業界で将来活躍できる人材を目標にしています。実習やゼミの授業では、ポスター、カレンダー、ポストカード、パッケージ、新聞広告などといったグラフィック作品や、絵本やフリーペーパーなどを実際につくりながら学んでいます。グラフィックデザインに関する専門知識を学ぶだけでなく、常に見る人の気持ちになって考え、そして創造するビジュアルデザインの基本を大切にしています。
  • クラフト(漆芸)
     全国でも10校余りしかない大学機関での漆芸専門教育の中で、古来日本の文化を培ってきた漆という自然素材を通してモノづくりについて研究します。漆工芸の基本技法について学びながら、ろくろや板物などの木工や、椀、蒔絵、乾漆、造形物などの作品制作を行います。手仕事の重要性や自らの手で創りだす意義について深く考察し、柔軟な発想力を育てデザイナーとしても新たな可能性を追求できる人材育成を目標とします。
  • プロダクト
     テレビ、電気炊飯器、掃除機、冷蔵庫、電話機、洗濯機、ステレオ、CDプレイヤー、パソコン、プリンター、コピー機、椅子、テーブル、自転車、自動車など生活に密着した工業製品のデザインについて学び、関連分野で活躍できる人材の育成を目指します。そのためにデザインに関する基本技術の習得と社会を広く見つめ、どこに改善すべき点があるかといった問題意識を有し、その解決策を模索することのできる能力の修得を目指します。

二級・木造建築士受験資格[実務0年]

 デザイン情報コースのインテリア分野で所定の科目の単位を履修した場合、二級・木造建築士の受験資格を得ることができます。指定科目の取得総単位数によって必要な建築実務経験年数が0年から2年となりますので、最短だと卒業した年にすぐ受験することができます。
※東北エリアの四年制国公立大学及び短期大学で二級建築士の受験資格が得られるのは全部で6校のみ、そのうち短大は2校のみ

商業施設士受験資格[実務1年]

 デザイン情報コースを卒業すると、商業施設士の受験資格を得ることができます。
(在学中に指定講座を受講する必要あり)