卒業後の進路と免許・資格・編入について

卒業後の進路の概要

 卒業生の進路決定率は、過去10年においてほぼ100%であり、そのうち学科関連領域への就職者は84.6%と高く、医療施設、福祉施設、学校、行政、スーパーおよびドラッグストア等の幅広い分野で栄養士・管理栄養士として活躍しています。また、四年制大学へ編入した卒業生の管理栄養士国家試験合格率は100%を維持しています。



資格・免許・編入

 所定の科目を履修することで栄養士の資格が取得できるほか、フードスペシャリスト、NR・サプリメントアドバイザーの認定試験受験資格が得られます。四年制大学への編入、進学については指定校推薦枠があります。



管理用栄養士国家受験対策

 食物栄養学科では、令和元年度から管理栄養士資格を目指す栄養士の方を対象に国家試験対策講座を開催しています。国家試験ガイドラインに沿って5~6の専門分野について講義を行います。本学卒業生のみならず他大学を卒業された福島県内外の方々が参加しています。毎年、参加者の中から合格者が出ています。



就職試験対策

  • 対策講座

     進路指導(就職指導、編入学指導)は、進路指導委員会(各学科教員)、キャリア支援センターと、ゼミ担当教員・各学科教員との協力体制で行っています。特に、キャリア支援センターでは、「進路志望の登録」を済ませた全学生と個別面接をし、その後の進路相談に応じています。
     年間の進路指導計画は、1年次後期の進路キックオフミーティングに始まり、就職試験対策のガイダンスや講座、テスト・模擬試験を適宜行っています。

  • メッセージ会

     1年生へ向けて、就職が決まった2年生や栄養士・管理栄養士として勤務している卒業生が、実践した進路活動の流れやコツを紹介します。先輩達の体験談は、情報や知恵の宝庫であり、後輩の進路活動の支えになります。



編入試験対策

  •  約1割の学生が四年制大学へ編入しています。1年次夏期、2年次春期に実施する編入学対策講座では、面接・小論文・英語試験対策を強化し、また、年間を通じてキャリアアドバイザーや各教員が指導・支援しています。



卒業生の体験談