株式会社エフエム会津様は、2021年度において開局25周年を迎え、地域のラジオ局として広く親しまれています。そういった株式会社エフエム会津様が番組表表紙のデザインを会津大学短期大学部の学生に対しコンペ形式で応募を依頼したものです。
 厳正な審査の結果、会津大学短期大学部デザイン情報コースの渡部鈴賀さんの作品が採用されました。

→エフエム会津(http://www.fmaizu.com/

fmaizu2021_cover.png

採用された表紙デザイン(2021年4-6月号)

■優秀賞(採用)
・渡部鈴賀(デザイン情報コース2020年入学)

■参加賞
・遠藤すずみ(デザイン情報コース2020年入学)
・遠藤貴子(デザイン情報コース2020年入学)
・大友いづみ(デザイン情報コース2020年入学)
・丹治帆乃香(デザイン情報コース2020年入学)

fmaizu2021_aisatsu.png
▲主催者あいさつ(2021年4月14日)

fmaizu2021_receive.png
▲賞状伝達(2021年4月14日)

fmaizu2021_all.png
▲記念撮影(2021年4月14日)

 2020年3月にオーストラリア・パースで開催されたJapan Festivalに向けて制作した漆塗りのディジュリドゥ(オーストラリア・アボリジニの民族楽器)について、この度現地の日本人会、関係各位の協力により福島とパースを結ぶ交流の証しとして動画が制作されました。

<動画YouTube URL>
「響け!URUSHI+Didgeridoo?福島とパースの絆はより深く?」
https://youtu.be/X_HEyFbmRgY

福島民友記事
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20210401-600669.php

 本来の予定は、令和2年3月に開催されたJapan Festivalへの招待を受け、現地にて会津の漆、日本の漆について紹介する形で講演会やワークショップを開催し、制作したディジュリドゥを文化交流の証しとして総領事館への寄贈を行う予定としておりましたが、残念ながらコロナウイルスが広まりだした時期でもあったため、やむなく渡豪をお断りした上で、ディジュリドゥだけを郵送しJapan Festivalにて紹介されたままの状況でした。そのころはオーストラリアの森林火災が長期にわたり鎮火できず、当時の学科学生による寄せ書きの応援フラッグも作成し、現地で紹介されました。

パース福島県人会と福島との交流はNPOを通じて東日本大震災を機に深く継続されております。今後も機会があれば、福島の伝統工芸・会津の漆について広めていきたいと思います。

Didgeridoo_01.png

Didgeridoo_02.png

Didgeridoo_04.png
学生による制作風景1(2020年2月撮影)
Didgeridoo_03.png
学生による制作風景2(2020年2月撮影)

学生、教職員の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症につきまして、2021年1月に1都3県に再び緊急事態宣言が発出され、3月21日までに解除されたものの、4月4日からは、宮城、大阪、兵庫の1府2県に「まん延防止等重点措置」が適用されたところであり、全国的にも感染の再拡大が懸念される状況にあります。
 福島県内においても、4月に入ってからも事業所や県事務所、大学の運動部など、相次ぎクラスターが発生しており、「ステージ4」(爆発的感染拡大)の指標の一つである「病床使用率50%以上」の基準を超える日も断続的に 発生している状況にあります。
 このような状況を踏まえ、学生及び教職員の皆さんには、あらためて下記の取組について徹底を図り、引き続き感染の予防・拡大防止に努めてください。なお、感染が疑われる場合や濃厚接触者と判定された場合には、必ず大学に連絡するようお願いします。

  1. 緊急事態が解除された1都3県を始め、「まん延防止重点措置」が適用された1府2県並びに感染拡大地域との不要不急の往来は控えること。
  2. 感染対策が徹底されていない酒類の提供を行う飲食店等の利用は控えること。
  3. 感染リスクが高まる「5つの場面」を意識し慎重な行動をすること。
    ①飲酒を伴う懇親会等
    ②大人数や長時間におよぶ飲食(歓迎会、お花見など)
    ③マスクなしでの会話
    ④狭い空間での共同生活
    ⑤居場所の切り替わり
     ※感染リスクの高い活動を控えること。
    (大人数での飲み会、感染防止対策が徹底できないサークル活動、感染拡大地域への旅行や帰省など)
  4. 3つの密(密集、密接、密閉)を回避するとともに、身体的距離の確保や手洗い、マスク着用など基本的な感染症予防対策について徹底すること。
  5. 感染が拡大している地域から移動した家族や友人等と一緒に過ごす場合は、屋内(家庭)等においてもマスクの着用や換気などの対策に注意すること。
  6. 引き続き日々の検温を励行し、健康観察を継続すること。特に、感染リスクの高い地域に移動した場合や帰省先から会津に戻った場合などは、体調管理に十分留意し、風邪等の症状がある場合には外出を控えること。
  7. 一人ひとりの普段の規律ある行動が、自分自身やご家族及び大切な人たちの生命を守ることに繋がることから、高い意識と自覚を持って行動すること。

◇ 緊急事態宣言対象地域等について(内閣官房ホームページ)
   https://corona.go.jp/(英語・日本語)

会津大学短期大学部学長 宮崎 敏明

 会津大学では新型コロナウイルスの感染予防及び感染拡大防止のため、2020年度から会津大学の学生ホール及び学生食堂でポスターの掲示やチラシの配布し、注意を喚起してまいりました。
 そして、2021年度においては、会津大学(四大)と同大短期大学部のコラボレーションにより一新し、「マスク着用」「手指消毒」「距離を取る」などコロナ感染症対策の基本について、赤べこを擬人化したメインキャラクター「べこりん」を始め4体のキャラクターが親しみやすく伝えるデザインになっています。

会津大学学生ホール内および会津短大エントランスホールにそれぞれ掲示されています。

2010409_co_p01.png

2010409_co_p04.png

2010409_co_p03.png

2010409_co_p02.png

制作:会津大学短期大学部デザイン情報コース高橋延昌先生ゼミ
(遠藤すずみさん、丹治帆乃香さん、天童萌々美さん、渡部鈴賀さん)

制作物(1):大型ポスター(横 約1メートル×縦 約2.2メートル)6種類(日英2言語) 計12枚

制作物(2):A3及びA4サイズのチラシ 約560枚

関連サイト:会津大学 HP「お知らせ」
https://www.u-aizu.ac.jp/information/post-20210141.html

文部科学省が本学の取組を企画展示中です!

 本学幼児教育学科の渡部琢也講師による取組の内容が「コロナ禍における運動指導実践報告」として文部科学省にて企画展示されています。

  • 展示期間
      2021年4月1日(木)~2021年5月7日(金)
  • テーマ
      「コロナ禍における運動指導実践報告」
  • 展示概要
      渡部講師の研究室で行った活動及びゼミナールに所属する学生が取り組んできた運動指導の実践内容とその効果について映像やパネルを通して紹介

詳細は文部科学省のこちらのウェブサイトにてご覧ください。

文部科学省 情報ひろば
https://www.mext.go.jp/joho-hiroba/sp/index.htm

 大塩高原手打ちそば伝承会様より、製麺には不向きとされているそば表層粉を活用した菓子製作の依頼を受けて、2019年4月よりレシピの開発を始めました。試作と試食会を重ねて、完成したのが「そば表層粉100%のビスコッティ」です。

biscotti.png

 表層粉は、通常の「そば粉」(全層粉)と比べると、たんぱく質・脂質含量が高く、噛むと特有のねっとり感があるため、油脂類を使わずに作るビスコッティは、表層粉利用に適していると考えました。
 そばの風味が強く感じられ、クセになる美味しさです!

 受注生産販売 「手作りパン・素泊まり宿 クリンソウ」
          所在地:福島県耶麻郡北塩原村檜原簗部沢山1091−280
          電話: 090-2029-5764

biscotti_st.png
 試食会の様子(2019年6月撮影)

会津大学学生生活支援寄附金を活用した学生生活支援制度について

 学生及び保護者 各位

 経済的理由により修学が困難な学生に対し学生生活を支援するため、「会津大学学生生活支援寄附金」(以下、「寄附金」という。)を活用して、売店(※四大のみ)や食堂で使用できるプリペイドカードを購入し、申請者の中で該当する学生に支給することとしました。
 つきましては、下記の事項を確認の上、該当者は期限までに短大事務室窓口にて申請手続きを行ってください。

  1. 対象者   

    会津大学短期大学部に通学する学生

  2. 要件   

    授業料免除の基準となっている家計要件基準を満たす者

  3. 手続き   

    2021年4月16日(金)18:15まで事務室窓口に以下の書類を提出してください。
     (1)申請書(別記様式1)icon_pdf.gif
     (2)学費負担者の経済状況調書(別記様式2)icon_pdf.gif  (記入例)icon_pdf.gif
     (3)住民票謄本(別居者を除き、生計を一にする家族全員分)
     (4)令和3年度(令和2年分)の所得証明書(2020年1月~12月分が記載されたもの)

    • ※別居者を除き、生計を一にする家族全員分。(無職の就学者及び幼児は除く)


     (5)その他大学が求める書類


    ※授業料の免除申請を行う場合は、(2)~(5)の書類は授業料免除申請にて提出される書類を使用するので、この申請に係る提出は不要です。

  4. 選抜方法   

    授業料免除対象者が決定された後に、当該免除に該当した者を除いて選抜する。

  5. 支給方法   

    学内の食堂で使用できるプリペイドカードを支給する。(四大では売店でも使用可)

  6. 支給額及び支給回数   

    1万円(該当者の人数により変更される可能性があります)

  7. その他   

    申請書様式はPota.の「お知らせ配信」に添付してあるファイルをダウンロードするか、短大事務室窓口まで取りに来てください。

  8. 問い合わせ先

    会津大学短期大学部 学生係
    電話:0242-37-2301

 公立大学法人会津大学では、通常の授業料免除制度の実施に加え、東日本大震災及びこれに伴う福島第一原子力発電所事故により被災した学生及び経済困窮となった学生の修学機会が失われることのないよう、下記のとおり経済支援を実施します。対象となる方は下記内容を御確認のうえ、申請手続きを行ってください。
 なお、過去に該当となった方も改めて申請する必要があります

  1. 免除の対象となる方

    次の(1)~(3)に該当する2021年度在学生(2021年度新入学生を含む)

    (1) 東日本大震災において指定された災害救助法適用地域で被災した世帯で、学費負担者の家屋(学費負担者が所有する住宅)が「全壊」「大規模半壊」「半壊」「流失」のり災と認定された方

    (2) 東日本大震災において指定された災害救助法適用地域で被災した世帯で、学費負担者が死亡又は行方不明の方

    (3) 東日本大震災に起因し発生した福島第一原子力発電所事故を受け、2020年10月1日現在「帰還困難区域」に設定されている地に、2011年3月11日時点で学費負担者が居住していた方

  2. 免除内容

    2021年度授業料(前・後期分)の全額又は半額
    ※半額免除となる場合については以下のとおりです。
    ・上記1「免除の対象となる方」の(1)における「大規模半壊」「半壊」の場合

  3. 免除申請方法

    (1)提出書類

     免除申請を希望する方は、以下の書類を事務室学生係に提出してください。
    ただし、2021年度新入学生で入学料免除該当となった方は、下記それぞれについて②及び③の添付書類を再度提出する必要はありません。

    • 上記1「免除の対象となる方」の(1)に該当する方
      ① 授業料免除申請書(様式/前・後期分)icon_pdf.gif    
      ② り災証明書の写し
      (「全壊」「大規模半壊」「半壊」「流失」等、半壊以上のり災が明記してあるもの)
      ③ 居住地が確認できる公的証明書
      (学費負担者及び学生本人を含む世帯全員分の住民票謄本等)
      ※学生のみの抄本等は不可

    • 上記1「免除の対象となる方」の(2)に該当する方
      ① 授業料免除申請書(様式/前・後期分)icon_pdf.gif
      ② 死亡又は行方不明を証明する書類
      ③ 居住地が確認できる公的証明書
      (学費負担者及び学生本人を含む世帯全員分の住民票謄本等)
      ※学生のみの抄本等は不可

    • 上記1「免除の対象となる方」の(3)に該当する方
      ① 授業料免除申請書(様式/前・後期分)icon_pdf.gif
      ② 2011年3月11日時点での居住地が確認できる公的証明書
      (学費負担者及び学生本人を含む世帯全員分の住民票謄本等)
      ※学生のみの抄本等は不可
      ※2011年3月11日以降に住民票を異動した場合等については、住民票除票、被災証明書などを添付する。

    (2)申請期限

    <前期分> 2021年 4月16日(金)18:15まで
    <後期分> 2021年10月22日(金)18:15まで

    前期分の申請時に、後期分も併せて申請することも可能です。
    その場合、申請書(所定様式)以外の添付書類については、1部のみの提出でかまいません。

    ※期限までに提出書類が揃わない等の理由で提出が遅れる場合については、事前に学生係までご相談ください。事前の申し出なしに提出が遅れた場合については、申請を受け付けることができません。

    (3)免除決定通知

    <前期分> 2021年6月下旬頃
    <後期分> 2021年11月下旬頃

    ※免除申請のあった方については、授業料の口座振替(自動引落し)は原則行われませんが、審査の結果、免除該当とならなかった場合は後日振込みにて納付頂くこととなります。

    ※上記通知日程は予定であり、前後する場合があります。

  4. その他

    上記免除制度以外に、経済的要因による授業料の免除制度を設けています。
    詳細については、こちらをご覧ください

  5. 問い合わせ先
    会津大学短期大学部 学生係
    電 話:0242-37-2301  メール:info@jc.u-aizu.ac.jp  

2021年度授業料(前期分)減免について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 公立大学法人会津大学では、経済的な理由により学生の修学機会が失われることのないよう、下記のとおり経済支援制度を設けています。

  1. 対象となる方

     経済上の理由等から授業料を納入することが困難であり、かつ、貸与型奨学金を受けている者のうち、学業が優秀であると認められる者

    ※前期分については、1年生(2021年4月入学者)は申請できません。
    ※住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生へは、給付型奨学金の支給に加え、授業料減免が受けられる国の修学支援制度があります。本学独自の授業料減免制度は、修学支援制度に該当しない学生を対象としています。国の修学支援制度の対象となるかどうかは、以下のHPでシミュレーションができますのでご確認ください。

    https://www.mext.go.jp/kyufu/student/daigaku.html



  2. 減免内容

    2021年度授業料(前期分)3分の1の額



  3. 申請方法

    (1)提出書類

    ① 授業料免除申請書(様式第1号の3)icon_pdf.gif    
    ② 学費負担者の経済状況調書(様式第2号)icon_pdf.gif (記入例)icon_pdf.gif
    ③ 住民票謄本(別居者を除き、生計を一にする家族全員分)
    ※母子・父子世帯は戸籍謄本も添付が必要。
    ④ 令和2年分の所得課税証明書(2020年1月~12月分が記載されたもの)
    ※所得の有無にかかわらず、生計を一にする家族全員分(無職の就学者及び幼児は除く)
    ※所得証明書ではなく、市県民税の税額が記載された所得課税証明書

    ※その他、申請者本人、家族の状況等により、追加で提出してもらう書類もありますので、別紙「授業料免除申請提出書類一覧」を参照の上、必ず学生係まで事前にご確認ください。


    (2)申請期限≪期限厳守≫

    2021年4月16日(金)18:15まで 事務室窓口に提出

    ※期限までに提出書類が揃わない等の理由で提出が遅れる場合については、事前に学生係までご相談ください。事前の申し出なしに提出が遅れた場合については、申請を受け付けることができません。


    (3)免除決定通知

    2021年6月下旬頃を予定しています。

    ※免除申請のあった方については、4月30日(木)の口座振替(自動引落し)は原則行われませんが、審査の結果、免除該当とならなかった場合は後日振込みにて納付いただくこととなります。



  4. その他

    下記免除制度も設けています。
    ・ 東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故に伴う授業料免除処置

    詳細については、こちらをご覧ください



  5. 問い合わせ先

    会津大学短期大学部 学生係
    電 話:0242-37-2301  メール:info@jc.u-aizu.ac.jp