ヘルプ
問い合わせ
学科・カリキュラム>
会津短大 受験生の方へ 地域の方へ 企業・団体の方へ 卒業生の方へ 保護者の方へ
 

  カリキュラム一覧
 
教養基礎科目 幼児教育学科

 

  授業の取り方
 
 教養基礎科目の授業時間帯は毎週月曜日午前中2コマと木曜日午前中の2コマ、計4コマです。全学科の1・2年生が同じ教室で授業を受けます。1コマに4〜5の科目が入っていて、同時並行して授業が展開されます。2単位の授業を4コマ全部受けると、半期で8単位、1年間で16単位、2年間で32単位履修することになります。
 幼児学科では全34科目62単位の中から12単位を修得すれば卒業資格単位となりますが、取り方に制限があります。カリキュラム表にありますように、「人間と文化」、「人間と社会」、「自然科学と技術」、「総合科目」から8単位以上、「英語1〜4」、「英会話1〜4」から2単位以上、「健康の科学」から2単位以上が必修です。

 

  単位の説明
 
 科目によって単位数が異なります。多くの科目は半期(前期・後期)で2単位ですが、カリキュラム表にありますように、「健康の科学」分野の多くの科目は1単位です。

 

  在学生の声
 
幼児教育学科 遠藤 妃菜(2016年4月入学)
 高校三年生の時にオープンキャンパスに参加し、優しい先輩方に大学生活のお話を伺い、先生方や先輩方の楽しそうな様子を見て、私もこの短大で勉強したいと思い志望しました。 現在私は、保育士と幼稚園教諭二種免許状の取得に向け学んでいます。専門科目や教養基礎科目などを通して、多様な分野の学びから広い視点で保育士として働くための知識や技術を身につけるために日々励んでいます。
 1年次の冬には施設実習に行き、2年次には保育所と幼稚園での実習があります。実際に現場を体験することで、今まで短大で学んできたことを活かし、また短大では学びきれない現場のリアルを経験することで学びを深めることもできるし、自分の成長も感じることができるはずです。
 また、養護学校のボランティアやインターンシップなどに参加し、様々な人たちと出会い関わることで貴重な経験をすることができました。
 授業では、知識を学ぶほかに、グループに分かれて衣装から舞台装飾まですべて手作りの劇を発表したり、子どもたちの遊びを授業の一環として体験したりします。表現する楽しさを学んだり、子どもたちにとって危険な環境について把握したりと実際に自分たちで体験しながら学びを深めています。
 幼児教育学科の先生方は私たち一人ひとりとの距離も近く親身になって相談に乗ってくれるので、悩みを共有したりアドバイスをもらうなどして学生生活の支えとなっています。
 入学当初は不安なことばかりでしたが、友人も徐々に増え、先生方と親しくなることで楽しい日々を送っています。これがアットホームな雰囲気でみんなと関わることができる少人数制の良いところだと思います。 2年生になり授業や実習、そして就職活動とそれぞれが忙しい日々を過ごしていますが、同じ目標に進む友人や先生方に囲まれ、充実した日々を送っています。
 残りの学生生活もわずかではありますが、友人と励ましあい、スポーツ大会や紅翔祭などの行事に全力で取り組み楽しみながら悔いの無いように一日一日を大切に過ごしていきたいです。  


(C) 2006 Junior College of Aizu All Rights Reserved.