ヘルプ
問い合わせ
学科・カリキュラム>
会津短大 受験生の方へ 地域の方へ 企業・団体の方へ 卒業生の方へ 保護者の方へ
 

  栄養士とは
 
栄養士の仕事とは?

様々な分野で栄養士の役割が期待されています。
本学科は栄養士養成施設でもあります。所定の科目を履修することで栄養士の資格が取得できます。ほとんどの学生がこの資格を取得しています。

病院(医療施設など)
ベッドサイド・外来患者の栄養指導、給食管理(献立作成など)、治療食の管理・指導、調査研究、医師・その他関連部門との連携など、チーム医療の担い手として活躍しています。

学校(小・中学校、教育委員会など)
学校給食管理(献立作成、食材料の購入など)、衛生管理、栄養・給食指導、調査統計、家庭との連携・啓蒙など、学校教育の一環として次代を担う子供たちに、給食を通して食教育を行なっています。

行政(保健所、市町村保健センターなど)
地域保健計画策定、栄養調査、健康展・栄養学級開催、給食施設指導、健康情報の収集、食生活改善グループ育成、栄養相談・指導など、赤ちゃんからお年寄りまでの一人ひとりが健康への自覚がもてるような地域住民の健康づくりの活動に活躍しています。

給食業務委託会社
最近では、企業の社員食堂や病院などの医療機関における栄養管理・給食管理業務を外部に委託することが多くなってきています。そのような委託会社から各施設に栄養士として派遣され活躍しています。

その他
以上のほかに、福祉施設(老人ホーム、保育所、障害児・児童養護施設など)での栄養指導や給食管理、最近ではスポーツクラブ、スポーツ選手へのコンサルタント活動や食事相談などの仕事で栄養士の役割が期待されてきています。食品素材の氾濫や高齢化社会の到来により、「正しい食生活のありかた」がより真剣に問われる時代を迎えています。それに伴って、栄養士の活躍が各方面で期待されています。同時に栄養士の職務内容が複雑になり、確固たる信念と職業意識をもった栄養士が求められています。

 

  授業風景
 
栄養指導論実習 臨床栄養学実習 臨床栄養学実習




(C) 2006 Junior College of Aizu All Rights Reserved.