ヘルプ
問い合わせ
学科・カリキュラム>
会津短大 受験生の方へ 地域の方へ 企業・団体の方へ 卒業生の方へ 保護者の方へ
 
  デザイン情報コースの特色
 
現代産業社会の中でデザイン活動をするには、創造性豊かな感性、高度な科学技術への理解、そして経営や経済に関する基礎知識が求められています。こうした社会の養成に応えるために、デザイン情報コースでは、共通科目に加えてデザインに関する基礎と理論科目、それに多くの演習・実習科目を配置して、デザインに関する専門知識を教育し、情報化時代に相応しいデザイナーを養成します。

 

  デザイン情報実習の分野
 
デザイン5分野
専門教育科目の必修科目であるデザインプロセス論、デザインプロセス論演習、デザインアイテム論及びデザイン実習1・2・3では、デザインの領域を5分野に分けて授業を行ないより深い専門領域を学びます。この分野は、入学後まもなく希望をとり、いずれかの分野に所属することになります。下は、各分野の概要と卒業制作の例です。
 
 
インターフェース
Webデザインを中心に講義・実習を進めていきます。Webページで見られる画像や音声、動画などの活用方法を考えながら、デザインと基本的な技術を学ぶことを目指します。実習やゼミ活動は、地域のプロジェクトに参加し体験を通して発信するべき情報を考えWebサイトで表現します。

左図:会津三十三観音に関するWEB サイトの提案

 
 
インテリア
住宅や展示空間のデザイン、空き家、公共施設のリノベーションなど、建築の空間デザインの考え方・手法を学び、居住空間のあり方や環境について考えます。ゼミでは、家具からインテリア・建築デザイン、地域デザイン等を問題点の発見から解決までを自ら考え、生活環境を創造できる人材を目指します。

左図:認定こども園の施設構成と空間デザインの調査研究

 
 
グラフィック
広告・出版・印刷に関連する業界で将来活躍できる人材を目標にしています。実習やゼミの授業では、理論と制作を通じて、ロゴマーク、CI、ポスター、パンフレット、新聞広告などのような平面的な作品から、商品を包装するパッケージまで幅広くグラフィックデザイン全般を学びます。

左図:会津三十三観音・御詠歌の視覚的伝達(ポスター・パンフレット)

 
 
クラフト(漆芸)
クラフト分野では、公立短期大学では唯一の漆芸教育カリキュラムに沿って、漆工芸の基礎技法を中心にロクロや箱などの木工や、蒔絵、乾漆、変わり塗り等の漆工芸作品を制作します。手仕事について深く考察し、柔軟な発想力を持つデザイナーとしても可能性を追求できる人材育成を目標とします。

左図:漆器と行事食

 
 
プロダクト・建築デザイン
※ 2018年度新設予定、分野の名称及び内容は変更の可能性あり

(C) 2006 Junior College of Aizu All Rights Reserved.