ヘルプ
問い合わせ
学科・カリキュラム>
会津短大 受験生の方へ 地域の方へ 企業・団体の方へ 卒業生の方へ 保護者の方へ
 

  どんな仕事につけるか
 
産業情報学科経営情報コースの卒業生の主な進路先は、金融業、製造業、サービス業などあらゆる産業の管理・事務・営業部門、国家や地方自治体 の管理・事務部門です。

2年間で学んだ専門的かつ総合的な知識と応用力を企業や自治体で活かし、活躍することが期待されます。

また、四年制大学への編入学希望者も多く、国公立大学への編入学実績も豊富です。さらに、会津大学コンピュータ理工学部、関西大学総合情報学部などへの特別推薦編入学制度も用意しています。

 

  経営情報コースの進路状況
 
経営情報コースの進路は、就職(民間企業と公務員)と進学に分かれます。

例年、7-8割が就職を希望し、2-3割が四年制大学への編入学を希望します。

就職希望者のうち9割が民間企業を希望します。民間企業への就職率は、1990年代以降の長引く不況下においても9割以上の高い就職率を維持して参りました。これは、学生自身の努力と緻密な就職活動に加え,先輩たちによって培われた伝統から築きあげられた企業との信頼関係によるものもありましょう。

戦後最長と称された「いざなみ景気」の影響もあり,2006(平成18)年度以降も大変高い就職率となりました。2008(平成20)年度は、秋以降に発生した世界同時金融不況の影響もありましたが、結果的に就職決定率は100%でありました。

現在は再び、先行き不透明な経済環境下にあります。不況期を勝ち抜いて来た企業には、厳選採用を行う傾向が見られます。内々定の時期が早まる側面が見られる一方で、他方では、採用活動の長期化といった側面も見られます。

どのような時代背景であろうとも、自分の志をしっかりと持ち、早めに就職活動に取り組む学生は、きちっと就職先を決めて参ります。民間企業の就職先は、主に金融業、コンピュータ関連業、製造業、サービス業などの管理・事務・営業部門です。

また、就職希望者のうち例年1割程度の学生が公務員を希望しており、県や市のほか自衛隊、国税局などへ就職しています。進学(編入学)を希望する学生に関しては、過去5年間に限っても、希望者の100%が国公私立大学の3年次(大学により2年次)への進学を決定しております。

 

  進路先一覧
 
【金融業】
みずほ銀行、東邦銀行、岩手銀行、七十七銀行、第四銀行、福島銀行、北越銀行、会津信用金庫、福島信用金庫、郡山信用金庫、二本松信用金庫、須賀川信用金庫、白河信用金庫、ひまわり信用金庫、会津商工信用組合、JAあいづ、JAすかがわ岩瀬、JA佐渡、JA会津みどり、JAいわき市、JA新いわて、福島県商工信用組合、丸三証券 など

【情報サービス】
エフコム、FSK、SJC、日本アウダッテックス、シンク、トランスコスモス、福島情報処理センター など

【製造】
会津オリンパス、日本電産コパル、パナソニックデバイスSUNX、多摩川精機、井上香料製造所、スリーボンド など

【その他】
東京電力、花王カスタマー・マーケティング、旭日産業、きんでん、ネッツトヨタノヴェルふくしま、福島トヨペット、福島マツダ、TOTO 東北販売、アダストリア、ストライプインターナショナル、ユニクロ、ジーユー、イオンリテール、リオン・ドール、コメリ、郡山商工会議所、会津ガス、会津中央病院、会津西病院、寺田共同会計事務所、三部会計事務所、こころネットグループ など

【公務員】
仙台国税局、統計センター、福島県、山形県、福島県警、警視庁、会津若松市、郡山市、いわき市、白河市、柳津町、下郷町、南会津町、仙台市、名取市、米沢市、葛飾区、目黒区、台東区、酒田広域行政事務組合 など

【四年制大学編入学先】
会津大学コンピュータ理工学部(特別推薦)、東北大学経済学部、山形大学人文学部、福島大学経済経営学類、福島大学行政政策学類、福島大学人間発達文化学類、新潟大学経済学部、富山大学経済学部、高崎経済大学地域政策学部、信州大学経済学部、宇都宮大学国際学部、宇都宮大学農学部、宮城大学食産業学部、都留文科大学文学部社会学科 など

 

  就職率
 
経営就職率のグラフ

 

  卒業生の声
 
【公務】
会津若松市役所観光課  橋谷田 眞美

 私は現在観光課に所属し、会津若松市の魅力を発信する業務を担当しています。市の営業マンとして全国を飛び回る忙しい毎日を送っていますが、充実しています。
 市役所の業務は税・福祉・観光・建設などと多岐に渡り、異動の度に転職をしている気分になります。異動すると、過去に所属していた部署の知識だけで戦うことができません。そしてお客様は、市の職員は何でも知っているとお思いで、分野を問わずさまざまなことを聞いてきます。ジャンルを問わず、幅広い分野を常に学び続けることが大切ですね。これは、短大の授業でも同じだということができるでしょう。今は教養科目・専門科目も自分の興味に関係なくもっと多く授業を取っていたらなぁ、と思う時があります。知識は自分の武器になるのです!
 短大では積極的に行動する大切さに気付くことができました。自分から行動しなければ何も始まりません。この気付きは就職活動や、就職した今も活きています。小規模だからこそ細やかな指導が行き届く自然豊かな会津短大で、あなたも自分を変えてみませんか?
 
【民間】
みずほ銀行郡山支店  西間木 梅香

 私は現在、お客さまのライフイベントに合せた資産の管理方法を提案する資産運用業務を行っております。「お客さまの期待を上回るサービス・情報を提供するためには何をすべきか」を日々考え、勉強し、先輩や上司にサポートしていただきながら業務を行っております。 会津短大の一番の魅力は、教員と学生の距離の近さです。少人数教育だからこそ一人ひとりがきめ細かい指導を受けることができ、疑問点があった際にはすぐに質問できる環境があります。またゼミ活動があり、研究課題について考え、分析し、結果をまとめるという作業は、「お客さまは何を求めているのかを考え、分析し、提供する」というように仕事を行う上でも共通して重要な作業となります。そういった経験ができるのも魅力の一つです。
 就職活動においては、専門のキャリアアドバイザーの方が些細なことでも親身に相談にのって下さるため、今こうして希望の職に就くことができました。
 会津短大は、教育指導面や就職活動面で学生をしっかりサポートする環境が整っています。その環境の中でいかに自分自身が積極的に行動し取り組んでいくかが大切です。勉学、遊び、共に充実した2年間をお過ごし下さい。
 
【編入学】
東北大学経済学部 小池 さつき

 短大在学中は、専門分野の勉強はもちろんのこと、「学ぶ」ことを通じて自分の将来を見つめ直す貴重な時間を過ごせました。普段の講義や卒業研究などで手いっぱいになることもありましたが、先生方に支えていただき、友人達と励まし合いながら自分なりの学生生活を送ることが出来たと感じています。
 編入学試験は論述形式出題がほとんどで、限られた時間内に文章を素早く組み立て、論理的に回答することが求められます。普段から、ある問いに対して論理的にその解答を導く訓練が必要だと感じました。相手がどんな回答を求めているのかを確実に読み取る力も非常に重要です。普段の講義を軸として自分に合った勉強方法を見つけ、計画的に勉強することを心がけてください。
 現在、交換留学生としてタイのバンコクにある大学で勉学に励んでいます。写真は留学先大学の制服姿で撮ったものです。短大時代から留学を志しておりましたが、編入後の目標を持つことが、編入のためのモチベーションを保つ要因となっていました。編入試験の勉強で得たものは、編入後の学生生活でも、そしてその後にも活きると思います。学びのヒントは身の回りに転がっています。知的好奇心旺盛に貪欲に学んでください。

 

(C) 2006 Junior College of Aizu All Rights Reserved.