ヘルプ
問い合わせ
学科・カリキュラム>
会津短大 受験生の方へ 地域の方へ 企業・団体の方へ 卒業生の方へ 保護者の方へ
 
 

専門教育科目の概要

  分野図

経営情報コースでは、企業経営に関連する5分野の科目を配置しています。講義では、具体的な事例を交えて、それぞれの分野の基本的な考え方や理論を学習します。また、必修科目である卒業研究ゼミでは、各研究室に分かれて、講義での学習を基礎として、より深い専門性を追求した研究活動を行います。

【経営学】
経営学は、私たちの生活と密接に関わっている企業や産業の実態を理解し、よりよい経営のあり方を探究する学問領域です。経営戦略、組織構造、会社を取り巻く法律や環境、国際展開、中小企業の取組みなど、具体的な事例を交えて学習します。

【商学】
商学は、製品やサービスの生産・流通・消費を通じた企業と消費者の取引システムやメカニズムを研究する学問領域です。製品の差別化に関するブランド戦略、購買メカニズムに関する消費者行動、製品移転の効率性に関する流通原理などを学習します。

【会計学】
会計は、経済活動を記録・計算し、その結果を報告するシステムであり、会計学は儲けや財産価値をいかに報告するのが適切であるのかを研究する学問領域です。簿記の知識をベースに、会社外部に報告する財務会計や会社内部に報告する管理会計を学習します。

【経済学】
経済学は、限られた物的・人的資源をどのようにして配分するのがもっとも効率的かを研究する学問領域です。政府による経済政策や市場価格の影響に関する基礎理論、日本経済の歴史、財政や金融に関する理論や実務を学習します。

【情報学】
情報学は、情報の生成・収集から活用方法といった情報に関するあらゆる領域を対象としています。情報機器やインターネットの使い方だけではなく、プログラミングやデータベースなどの技術的な部分からWeb マーケティングなどの応用分野まで幅広く学習します。

 

  単位の説明
 
産業情報学科・経営情報コースの専門教育科目は、「必修科目」「共通選択科目」および「経営情報コース選択科目」から構成されています。専門教育科目に位置づけられている授業科目は(一部の科目を除き)2単位となっており、卒業に必要な単位数は専門教育科目で58単位以上となっています。詳細は、「授業の全体像」のページにある学科課程表で確認してください。

 

  在学生の声
 
中澤ゼミ ゼミ生の声(中澤ゼミ)
 ゼミへ入るとまずゼミ生同士で一冊の本を決め、半年掛けてその本を輪講します。この輪講では「ベイジアンネットワーク」など、講義では学ぶことのできない情報学のより深い知識を身に付けられると共に、担当範囲をゼミ生へ分かりやすく説明するプレゼン能力を身に付けることができます。あがり症の私には、少人数で行うこのゼミのシステムのおかげで、適度な緊張の中発表を繰り返し、筋道立てて話しをする良い練習となりました。また、卒業研究ではゼミ生全員で会津の地域活性化に繋がる画像投稿サイトを構築する研究に取り組みました。新しいものを企画・提案し、作り出すには意見を主張する大切さや物事を一つの見解に捉われないこと、仲間のモチベーションを支え合うことなど身を持って学ぶことができました。学校に寝泊まりし、夜食のカップ麺をすする日々は辛くもありましたが、この研究を成功させようと同じ志を持つ友人との、かけがいのない時間を過ごすことも出来ました。短大生活では実学的知識はもちろん、人としての教養部分も大きく成長させることができた二年間でした!



大橋ゼミ ゼミ生の声(大橋ゼミ)
 ゼミでビジネス・プランを作成し、キャンパス・ベンチャー・グランプリに挑戦しました。「広告宣伝サービスによるレンタル事業」をテーマに、事業内容やプランの優位性・市場性などをレポートにまとめました。その後、レポート審査を通過し、仙台で開催されたプレゼンテーション審査に参加しました。
 プラン作成は、ゼミ生4名がアイディアを持ち寄り、ディスカッションを行い、実現性を深めていきました。そのプロセスでは、口頭や文章で自分の意見を相手に伝える困難さを実感しました。ビジネスに関する知識不足からどこか他人任せの場面もありました。また、プレゼン審査の資料作成に、実際に商店街でアンケートを行った際には、予想外の反応に戸惑い落ち込んでしまうこともありました。これらを経て、プラン完成やレポート審査通過の達成感をメンバーと共有できたことは、このゼミに入ってよかったと思えることでした。プレゼン審査は残念な結果でしたが、反省をいかし、何事にも積極的に挑戦していきます!




平澤ゼミ ゼミ生の声(平澤ゼミ)
 ゼミで株式体験学習コンテストの日経STOCKリーグに参加しました。「ワーク・ライフ・バランス」をテーマに、京セラや東邦銀行などの投資銘柄を選定し、バーチャルでの株式売買を行いました。最終的に、この間の学習をレポートにまとめ、日本経済新聞社に提出しました。
 STOCKリーグに参加したことで、3つの困難を実感しました。第一に、自分たちで独自のテーマをみつける困難さ。第二に、読み手にわかりやすく伝える文章を書く困難さ。最後に、チームが一丸となって一つのことに取り組み、作り上げる際の困難さ。また、締め切り厳守の重要性も身をもって学びました。これらの困難さを乗り越えて、レポートが完成したときの充実感とその充実感を他のゼミ生と共有できたことは素晴らしいものでした。2003年度のゼミ生は入選を果たしましたが、興味のある学生は、ぜひ最優秀賞をとりNY行きに挑戦してください!



(C) 2006 Junior College of Aizu All Rights Reserved.