ヘルプ
問い合わせ
短大ガイド>
会津短大 受験生の方へ 地域の方へ 企業・団体の方へ 卒業生の方へ 保護者の方へ
 

  理事長・学長 挨拶
 
会津大学理事長・学長

生活に根ざした文化、文化に支えられた生活
理事長・学長 岡 嶐一 


 作家の司馬遼太郎は、「宅配便や郵便が普通に届く、水道の水が普通に飲める生活が、文明である」といっています。文明とは観念的なものでなく、普通の生活の中に存在するものです。人間は日々の何気ない生活にその本来の生物としての存在を確認しています。喜びも悲しみも、その何気ない生活からもたらされているものです。しかし、現代の知識情報社会は歴史的に必然なものであっても、ともすれば生活の実感からの離反を生じさせ、生活への丁寧な対応を忘れさせられることもあります。
 会津大学短期大学部での勉学と研究は、これらの日常生活と、知識や情報の氾濫する世界との最善の架け橋を自然に構築することに関わるものとなっています。
 短期大学部の学科は3つあります。産業情報学科、食物栄養学科、幼児教育学科です。これらの学科の目指すものは、生活に関わるそれらの分野を、長期的、組織的、伝達可能なものにまとめあげ、それを実生活に活用して、自らの体による体験によって実感し、進化させ、それらから新たな知見を見出し、それらを技術や学問として定着させることです。この知識と実践のなかで、生活は「文化」の段階まで高められて認識され、高められた「文化」は生活の中に新たな価値を作り出すという、循環が行われます。学生のそれらの経験は、短期大学部を卒業して、社会人として職業についた場合に、生涯に渡っての実践を継続していく基礎訓練ともなってきます。短期大学部の教職員はこれまで、短期大学部に新入生として入った学生が、勉学と研究を通じて成長し、社会に巣立ち、活躍している数限りない事例を見てきています。また、その卒業生は会津や福島県で職を見つける機会が多いということで、地元地域の若い力となって、大変感謝されてもいます。生活と文化と地域という3つのものを生産的、有機的に結びつけ、それを発展させる姿は、本来の人間のあり方を示しているのではないでしょうか。現在、このような実践と教育と研究を行っている会津大学短期大学部を、より高めたいと、教職員一同、一緒に取り組んでいます。

 

  学部長挨拶
 
会津短期大学部長
 
「公立大学法人 会津大学短期大学部」の目指すもの
学部長 時野谷 茂


 公立大学法人 会津大学短期大学部は会津地域の子弟の高等教育の場として商科単科の形で設立された福島県立会津短期大学を母体とし、家政科の設置、それを発展的に解体しての食物栄養科、デザイン科、社会福祉科の新設そして伝統ある商科とデザイン科の融合による産業情報学科の設立、さらに平成28年4月からは、社会福祉学科を発展的に改組し、社会福祉学科でこれまで取得可能であった資格に加え、幼稚園教諭二種免許も取得可能な幼児教育学科の設立と体制を柔軟に変化させながら開学以来60年の伝統に支えられて今日に至っています。この間の変化は何れも当時の社会の動きを敏感に感じ取っての対応であり、その結果は学生の出身地が会津地域から福島全域そして全国へと広まってきたこと、高い就職率を保持しながら優れた人材を輩出してきたことなどによって窺い知れます。それは、本学を巣立った学生たちが社会の中で実際に堅実な役割を果たしてきたことからくるものでもあります。
 このように堅実な歩みをしてきました本学には現在、産業情報学科(経営情報コース、デザイン情報コース)、食物栄養学科、幼児教育学科の3学科があります。これらの学科で学ぶ産業、経営、デザイン、情報、環境、健康、栄養、食品、幼児教育・保育及び福祉などの専門分野は、現在私たちが直面している高齢化、少子化、過疎化、科学技術の高度化、情報社会、エネルギー、地球環境、グローバル化などに関する様々な課題に応える領域として、社会的ニーズが高まっています。
 これら社会の様々な問題に立ち向かうには、「専門的な知識と判断」をもって主体的に取り組むと同時にそれを適正に行うための広い教養と倫理観が求められます。現代社会はICT環境の発展充実もあり、単に知識を得ることを目的とするなら大学に通う必要は無いといっても過言ではありません。また、社会の変化の速さは得た知識もすぐに陳腐化させてしまいます。そのような状況の中、大学教育のなすべきことは何でしょうか。それはそれぞれの専門分野での自立した専門家の育成に力を入れることと同時に、顔と顔を突き合わせて一緒に考え、悩み、意見を戦わせ、幅広い考えの中から自分の考えを醸成していく方法を学び、新しいことに立ち向かう力、学び続ける力、自分の考えを的確に表現し伝える力を涵養することであります。また、自己の目的を常に社会背景の中において考え、その先を見通す力を育むことです。それには互いがその考えを表現し合える少人数での教育の場が欠かせません。また幅広い情報を得るには情報処理機器を中心とした最新の教育設備機器も欠かせません。本学では少人数教育を柱に充実した教育施設の下、このような力を育み、こうした分野において時代の要請に応え、地域社会の産業・生活・文化の振興に寄与し、将来を明るく展望のある社会へと導ける人材の育成を目指します。
 地域貢献も本学の使命のひとつであります。先にも述べましたように幅広い領域に対応している本学は平成19度年に地域活性化センターを開設し、地域が抱える諸課題を敏感に感じ取れる体制を整理しています。それを研究教育のテーマとすることで、学生たちや地域の方々と一緒に、実践教育の実現と地域振興並びに東日本大震災および原発事故からの復興の支援を図りたいと考えています。また、公開講座や、派遣講座などにより知識基盤社会の形成にも積極的に取り組んでまいります。

(C) 2006 Junior College of Aizu All Rights Reserved.